ロキソニンが効かないときはボルタレンを試す

痛み止めとしてよく知られているロキソニンやボルタレンは非ステロイド系鎮痛剤(NSAIDs)です。
痛みの原因物質プロスタグランジン(PG)は、体内でシクロオキシゲナーゼ(COX)という酵素によって生成されます。
非ステロイド系鎮痛剤は、このCOXの働きを阻害することでPGの生成を抑える働きがあるのです。

ロキソニンはボルタレンと比べると速く炎症部分に届く特徴があります。
ボルタレンは非ステロイド系鎮痛剤の中でも鎮痛効果が最強で、そのため消化器系の炎症も起きやすいという傾向があります。
鎮痛効果だけを考えれば最強なのはボルタレンですが、即効性で選ぶなら吸収の早いロキソニンの方が早く効き目が表れます。
もしもロキソニンで痛みが治まらない場合は、ボルタレンを少しずつ試してみると良いでしょう。
ボルタレンは効き目が最強の分、胃腸も荒らしますので一気に多く飲むのは避けましょう。
ロキソニンが効かないからと言って一緒に飲むのは危険です。

ところが体質や他の薬との相性などによってボルタレンよりロキソニンの方が効くという場合があります。
抜歯後の強い痛みなどには最強の鎮痛剤としてボルタレンが処方されることが良くありますが、残念ながら効かないという声もよく見られます。
そんな場合ではロキソニンを試してみるという手もあります。

非ステロイド系鎮痛剤以外の鎮痛剤が有効な痛みもあります。
片頭痛ではトリプタン系製剤が、胃潰瘍などではPPIやH2ブロッカーが、神経の痛みではプレガバリンなどが有効です。
また非ステロイド系鎮痛の代わりに非ピリン系解熱鎮痛剤が使われることもあります。
非ステロイド系鎮痛剤は特定の病気の時や、妊婦や子供には使えないため、こうしたケースでは非ピリン系解熱鎮痛剤が有効です。
非ピリン系解熱鎮痛剤は直接脳中枢に作用するというメカニズムを持ち、抗炎症作用がなく胃腸にもやさしいという特徴がありますが、鎮痛効果では非ステロイド系鎮痛剤よりも弱くなります。

これらの痛み止めは関節痛に対して使われることもあります。関節痛はリウマチなどが原因で発生するもので、非常に痛みが強く日常生活も難しくなることから痛み止めが必須になってしまいます。
それと同時に痛みの根本的な解決もしなければいけません。関節痛と一口に言っても種類が多くありますし治療方法も変わってきますので、関節痛に悩む方はこのサイトをチェックしてみてください。

非ステロイド系鎮痛剤が効かないときは麻薬?

非ステロイド系鎮痛剤の中でも最強なボルタレンが効かない場合では、医療麻薬注射の使用が視野に入ってきます。
日本では医療麻薬としては、モルヒネ、オキシコドン、フェンタニルなどが利用されています。
がんなどの痛み止めとして最も広く使われててる医療麻薬がモルヒネです。
医療麻薬は医師による厳重な管理のもと適性な量をコントロールして注射や飲み薬として服用されます。
医療用とはいえモルヒネと聞くと中毒にならないかと心配する声も聴かれますが、モルヒネなどの医療麻薬は、痛みがある場合に注射すると中毒にならない事が明らかになっています。

モルヒネは、注射によって体内に入るとオピオイド受容体に作用して効果を発揮します。
オピオイド受容体は3種類あり、μ受容体とδ受容体はドーバミン放出などによって多幸感をもたらします。
κ受容体は鎮痛作用や精神身体依存を抑える働きがあります。
痛みのある時にモルヒネが注射されるとκ受容体が亢進して他の2つの受容体の働きを抑え、精神身体依存を形成することを抑制するのです。

このようなメカニズムによってモルヒネは痛みを抑えるために非常に効果を発揮します。
1986年にWHO方式がん疼痛治療法が発表され、モルヒネの使用方法についてガイドラインが出来ています。
世界中でこの方法は活用されており、がんの激痛から患者を解放することに貢献しています。
WHOは三段階除痛ラダー(階段図)を提示していて、痛みの強さに応じて三段階に分け適切な薬を提案しています。
この中で最も痛みが強い第三段階でモルヒネが使われることになるのです。

かつてはがんの痛みは理性をも吹き飛ばすほどだとして恐れられていました。
現在ではモルヒネの適切な使用により、がん患者の90%近くがほぼ完全な痛みからの解放を実現しています。