消炎鎮痛剤のバンテリンとフェイタスの違い

肩こりや腰痛に膝痛などの関節痛、さらに筋肉全般の痛みに効果的な薬として利用される事が多い消炎鎮痛薬。これは医師の処方なく薬局などで個人で購入する事が出来る手軽さもあり、ちょっとした体の痛みを感じた時などには重宝します。
消炎鎮痛剤は非ステロイド性抗炎症薬のため、痛みの種類を選ぶ事なく、比較的多くの痛みに対して使われます。特にバンテリンとフェイタスは一般的に良く知られている消炎鎮痛剤であり、関節や筋肉に痛みを感じた時は、とりあえず使ってみる人も多いでしょう。
同じ消炎鎮痛剤であるバンテリンとフェイタスには大きな違いがあるのかどうか、気になるところですが、基本的には同じタイプの薬と言えます。あえて違いを示すとしたら、医学的な薬の構造式の違いです。
痛みというのはプロスタグランジンというホルモン物質の分泌が大きく関わっていますが、そのプロスタグランジンの合成酵素であるシクロオキシゲナーゼを阻害する事で、痛みを取り除く効果をあらわすのが消炎鎮痛剤です。

医学的な構造式の違いによって、バンテリンの主成分であるインドメタシンはアリール酢酸系、フェイタスのフェルビナクはフェニル酢酸系と分類されています。
両者とも痛みを取る効果に大きな差はありませんが、効き目には個人差が生じるとされています。
肩こりや腰痛などの筋肉の痛みに使用した場合、ある人の場合はバンテリンは効くがフェイタスは効かない、あるいはフェイタスは効くがバンテリンはダメだったという事があります。
つまり同じ消炎鎮痛剤ではありますが、その効果には個人差があるという事実もある訳です。そのため、自分に合ったタイプの消炎鎮痛剤を選択して使用する必要があります。
消炎鎮痛剤の効き目に、個人差が生じる理由ははっきりとは解明されてはいませんが、人間の体は全ての人が同じという事はありません。その事から薬効成分に反応する場合とそうでない場合があるという事は理解出来るでしょう。

鎮痛剤の外用薬と内服薬の効果に差はある?

バンテリンやフェイタスなどの消炎鎮痛剤はゲル状タイプやパップ剤などの塗り薬や貼り薬として、筋肉や関節の痛みを緩和する効果があります。
これらは一般的に外用薬とされており、皮膚から薬効成分を吸収させる事で、痛みを取り除く効果を促します。
皮膚からの直接の吸収により、胃や腸などの臓器に影響を及ぼす事なく手軽に利用出来る事が特徴です。

消炎鎮痛剤の中には内服薬もあります。
これも痛み止めの薬という意味では同じですが、経口摂取によって痛みの緩和を目指します。
特に内服薬の場合は、痛み止めの薬効成分の緩やかなものから強力なものまで幅広く、痛みの状態に合わせて選択し摂取する事が可能です。
内服薬の場合は炎症や鎮痛効果のある成分だけでなく、胃を保護する成分やビタミン以外にもその他の薬効成分を配合している場合が多いです。
経口摂取なだけに吸収も早く、痛みを素早く取り除く作用も期待出来ます。
消炎鎮痛剤は痛みを感じる人間にとっては必要不可欠な薬剤であり、症状によって、塗り薬やパップ剤などの外用薬や錠剤やドリンク型の内服薬を使い分ける事が出来ます。
痛みを取り去る意味では基本的には同じですが、薬効成分の吸収速度の差や、穏やかに痛みを緩和させるか、強力な作用を求めるかなどの差を理解しながら使う事が必要です。

また効き目には個人差がある事を認識し、消炎鎮痛剤は万能ではない事も覚えておきましょう。
薬局で薬を購入し、使用しても痛みが緩和せず悪化している場合は、やはり医師の診察を受けるべきですし、場合によっては他の薬が合う事もあります。
自分自身で体の状態を把握し、消炎鎮痛剤の効果や内服薬と外用薬の差を理解し、適切に関節の痛みや筋肉のコリを緩和させるのは誰でも行っている事です。
そこで外用薬や内服薬を薬局で購入する際、成分や効果について気になる点がある場合は、遠慮なく薬剤師に相談してみるのも良いでしょう。