生理痛には鎮痛剤以外に低用量ピルも効果的

女性にとって必要不可欠な生理は様々なホルモンの分泌によって起こる体の自然な機能です。
ホルモンによって生理が起こると、子宮内では強い収縮を起こし、痛みとなってあらわれます。
この痛みである生理痛は個人差がありますが、若い女性であるほど痛みが強く、成人した女性でも婦人科系の疾患によって生理痛が重くなる事もあります。
そのため、多くの女性は痛みを抑えるために、薬局で購入出来るバファリンやイブなどの鎮痛剤を利用する事になります。
これらのバファリンやイブといった鎮痛剤は、痛みに対して効果をあらわす薬として知られており、バファリンはアスピリンやイブプロフェンといった解熱鎮痛成分の働きで、適切な用法用量で痛みの緩和を促します。
イブも同じようにイブプロフェンとアリルイソプロピルアセチル尿素に無水カフェインを配合した小粒の飲みやすい錠剤となっており、痛みに対して素早く効果を発揮します。
これらの鎮痛剤であるバファリンやイブは手に入れやすく、比較的一般的に知れられている薬であるため、服用するのに安心感があるとも言えます。
生理痛の痛みが酷くなる前に早めに服用するのが効果的です。

市販薬の鎮痛剤は痛みに対して対処するものですが、生理痛の原因となる根本的なホルモンを操作する事で、生理痛を軽くする方法があります。
それは低用量ピルを服用する事です。
ピルという言葉から、避妊用の薬だというイメージが一般的ですが、生理痛や生理不順などの疾患に対して、治療薬として処方される事があります。
ピルには高用量ピル、中用量ピル、低用量ピルなどに使い分けられ、生理痛などの場合は低用量ピルが使われます。
低用量ピルは避妊の他に、生理痛などを伴う月経困難症や子宮内膜症の治療、ニキビや多毛症の治療などに使用され、重度の生理痛を患う若い女性にも処方される薬です。
ピルの成分であるエストロゲンとプロゲステロンの疑似ホルモンが脳下垂体に作用し、子宮収縮作用を起こさせるプロスタグランジンの分泌量を軽減します。
このような形でホルモンを低用量ピルによってコントロールする事で、生理周期や出血量、痛みなどの調整を行います。

低用量ピルを飲むときは用法用量に気を付ける

低用量ピルは生理周期をコントロールする事が可能であり、生理周期や出血量、痛みや生理に伴う不快な症状の緩和に役立ちます。
低用量ピルによって生理周期をコントロールし、仕事や旅行などを楽しむ事も可能です。
低用量ピルは高用量ピルに比べ成分の比率や安全性の高さから、婦人科の医師の処方としても一般的に扱われるものであり、怖い薬ではありません。
用法用量を正しく守り、飲み忘れないように気をつける必要はありますが、生理に伴う痛みや不定愁訴に悩む女性にとっては必要な薬です。
低用量ピルの効果を得るためには特に用法用量には気をつける必要があり、毎日決まった時間に飲む事が大切です。
21日間飲み続け、その後7日間服用を止めます。
このサイクルと繰り返すのが基本となるため、つい飲み忘れてしまう事もありがちです。

正しい用法用量によって薬効を得る必要がある事から、きちんと自分自信で管理しなければなりません。
バファリンやイブなどの鎮痛剤を服用して痛みをコントロールする事も、生理周期の安定や不定愁訴を緩和し、生理痛の痛みを軽減させる低用量ピルを服用する事も、全て自分の体の為です。
低用量ピルを使って女性ホルモンをコントロールする事に抵抗がある人もいるかもしれませんが、実際に体の痛みや不快な症状を持ち続ける事の方が問題です。
適切な鎮痛剤の使用や、正しい用法用量による低用量ピルの服用は体に大きな負担にはなりません。
飲み始めた初期には体のだるさなどの異変を感じる事がある場合もありますが、医師の指導の下、しっかりと管理し服用していく事で、生理痛の緩和が見込まれます。
毎月の生理の痛みに悩んでいるならば、鎮痛剤の他にも低用量ピルという存在もあるという事を覚えておく事も大切です。