薬局で販売されている鎮痛薬が限られている理由

鎮痛薬はドラッグストアや薬局で購入することができる商品もありますが、その種類は限られておりそれほど多くはありません。
なぜ限られた種類の鎮痛薬しか扱われていないのかにはいくつかの理由があります。
それは日本の厳格な薬品の管理を定めた法律が影響しているためです。
服用することで想定されている作用とは別の作用を引き起こす可能性のある薬品については、基本的に医師の処方箋なしでは購入することができないことが定めたれています。
その規制が緩められたスイッチOTCという薬品も薬局で購入できるようになりましたが、鎮痛薬についてはそれほど「解禁」されている種類は多くない状況です。
自由に販売することができるようになると、過剰服用による健康被害の可能性があったり、別の薬品との飲み合わせによって思わぬ別の効果が発現したりと、きちんと医薬品の知識がある医師や薬剤師によって管理されていない状況を好ましくないものとするためです。

しかし、比較的安全性が高く海外では自由に薬局で販売されており、医師の処方箋も必要のないという鎮痛薬も多く、またそれらは日本において販売されている鎮痛薬よりも効果が実感できるものも含まれています。
一般用医薬品だけでなく医療用医薬品を購入できるようにすることで、結果的に医療費を節約できたり医師の処方箋を発行してもらう手間もかからず費用の節約にも繋がります。
一般用医薬品であれば既に通信販売で簡単に購入することが可能ですが、日本国内の販売業者においては医療用医薬品を処方箋無しで購入することはできません。
薬事法に定められておりそのルールは守らなければなりませんが、どうしても海外で販売されている医療用医薬品を必要としている場合や、海外の薬局で購入して服用した鎮痛薬の効果がかなり実感でき、その医療用医薬品を必要としている場合には、何らかの手段で購入することができれば助かるものです。
医師の処方箋を必要とせずに、なおかつ薬事法に抵触しないように購入することは可能なのでしょうか。実はその方法があるのです。

処方箋なしで医薬品を手に入れるなら個人輸入代行

薬局で販売されている一般用医薬品と同じように、医療用医薬品を購入したいという人は多いものです。
薬事法によって国内で医療用医薬品を購入する場合には処方箋が必要ですが、海外から輸入して個人で使用する場合に関しては薬事法の適用外となります。
これは厚生労働省のホームページにおいても明記されている事項ですので安心して個人輸入代行業者を利用することができるでしょう。

個人輸入代行業者では海外で販売されている一般用医薬品を購入することができます。
海外の一般用医薬品の中には、日本国内において医療用医薬品に該当する医薬品もありますので、処方箋がなくても医療用医薬品を購入できるということになります。
日本国内において適用される薬事法においては、個人輸入代行業者を利用して輸入した医療用医薬品を、個人の責任において服用する場合には何の違法性もありません。
もちろん個人輸入代行業者を通じて購入した医療用医薬品を第三者へ譲り渡したり、販売したりすると罰則の適用となりますので十分に気をつけましょう。
個人輸入代行業者を利用することで、日本では入手困難である医療用医薬品を手に入れることが可能です。
プライバシーに関係する内容の医薬品については、病院に行き医師の診察を受けるということが心理的な負担となる場合も考えられますので、このように誰にも知られることなく医療用医薬品を購入できるということは、とても便利であるといえるでしょう。
日本において医療用医薬品とされている製品を服用するにあたっては、事前に十分に情報をチェックした上で、ご自身の責任において服用することが前提となります。
海外の一般用医薬品であっても日本の基準では認可がおりていないケースもありますので、お気をつけください。