解熱鎮痛剤が素早く効く理由とは

膝の痛み解熱鎮痛剤とは、急な発熱や日常生活を送る上で困難をきたすほどの痛みなどを即効性をもって緩和してくれる常備薬として、一家に大抵一つは用意してある薬の一つです。
「痛み」には、ちょっとした切り傷や打撲など感じる痛みの他、虫歯や頭痛、腹痛といったものまでさまざまな種類があり、これらの原因となっているのが「プロスタグランジン」という物質です。
体内における多くの生体機能のバランスを取る物質であるプロスタグランジン物質は、胃腸機能や血圧の調整、分娩の誘発などにも作用しています。
生体機能の一つとして、体外から侵入してきた病原菌が全身へ広がっていかないようにするための免疫反応があります。
これが、プロスタグランジンを量産することによって起こる炎症反応により組織に障害が発生する、という形で現れます。
炎症反応は痛みや発熱・腫れといった症状で現れ、この炎症が過剰になると「痛み」を感じる神経を過敏にさせる作用もあることが分かっています。

解熱鎮痛剤には、この痛み・発熱の原因となるプロスタグランジン量産の即効性抑制作用を持つもの、痛みの伝達を抑制するものがあります。
非ステロイド性抗炎症剤(ロキソプロフェンナトリウム・イブプロフェン・アスピリンなどが成分)・ピリン系解熱鎮痛剤(イソプロピルアンチピリン成分)・非ピリン系解熱鎮痛剤(アセトアミノフェン成分)という3種類があります。
非ステロイド性抗炎症剤はプロスタグランジンの量産を抑える効果があり、プロスタグランジンの材料となるシクロオキシゲナーゼ(COX)という酵素物質の働きを抑えることによってプロスタグランジンの合成量産を阻害するため、即効性があります。
ピリン系解熱鎮痛剤も同じ作用となり、解熱効果は高く、即効性はあるものの炎症抑制作用は弱くなります。
非ピリン系では痛み自体の伝わり方を抑え熱を下げる眠気鎮静効果があり、子ども用に座薬として処方されることが多いです。

薬の飲み方で効き目が変わる?胃が荒れる時は牛乳で?

解熱鎮痛剤の痛み軽減効果や眠気といった症状は、飲み方で変わってきます。
少なめよりも、たくさんの水もしくはお湯と一緒に飲んだほうが、薬の成分が十分に溶けるため吸収が良くなり、即効性を感じやすくなります。
カプセル剤の場合には喉や食道・胃にくっつきやすく炎症(びらん性胃炎等)に繋がりやすいので、飲み込む力が弱い高齢者は特に多めの水を使用した飲み方をしましょう。

解熱鎮静剤で起こる眠気は体を休めるという作用でもありますが、仕事や学業を抱えている時の解熱鎮痛剤服用では眠気冷まし効果を狙ってコーヒーや栄養ドリンクを飲む人もいます。
最近の解熱鎮痛剤にはカフェイン成分を配合したものもありますので、カフェインの過剰摂取となって眠気が吹き飛ぶどころか、不眠になったり頭痛を起こす原因にもなりますので避けましょう。

「痛み物質」とも言われるプロスタグランジンは、胃を守るという働きも持っています。
そのため、即効性の高い非ステロイド性抗炎症薬やピリン系解熱鎮痛剤では、プロスタグランジン量産が阻害されると炎症は抑えられますが、胃が荒れてしまうこともあります。
胃の粘膜を保護しているプのロスタグランジンの減少により、胃粘膜が剥き出しとなって酸性である胃液により溶けてしまい、びらん性胃炎になってしまうこともあります。
びらん性胃炎は、悪化すると胃潰瘍・胃がんなどに繋がる可能性が高くなります。
解熱鎮痛剤の服用で胃痛・びらん性胃炎を起こさないためには、飲み方を工夫する必要があります。
胃を保護する目的で胃薬も服用するという飲み方では、胃液の分泌をコントロールすることができます。
また、胃が荒れている状態での解熱鎮痛剤の飲み方では、空腹時に飲むことは避け、牛乳1杯を飲んでから服用するようすることを心がけることで、びらん性胃炎の悪化を防ぐことができます。