解熱鎮痛剤の代わりになる漢方薬はある?

日本で治療に用いられている薬はたくさんの種類があって、解熱鎮痛剤には西洋の薬が用いられることが多くなっています。
しかし、体に与える影響が強いことを懸念して漢方薬やハーブを使いたいと考える人もいます。
漢方薬やハーブは、植物などの自然なものから得られているため、体に優しいイメージを持ちがちですが、薬効が期待できるものを使っていて特に漢方薬は、中国で古くから積み重ねられてきた知識と実績をもとにしている植物や鉱物による生薬が使われているため、ハーブティーのように気軽に飲むのではなく、薬としてきちんと飲まなければなりません。

漢方薬を専門に煎じて販売しているところは中国のように多くありませんが、日本にもありますから体の状態に合わせた解熱鎮痛剤代わりになる生薬を選んで煎じてもらうと高い効果が期待できますが、市販されているタイプでも十分に対応できます。
解熱鎮痛剤の代わりとして中国で使われてきている漢方薬はいくつか種類がありますが、日本でも広く知られてきているのは麻黄湯や葛根湯です。
風邪のときに使われることが多い麻黄湯や葛根湯ですが、含まれている生薬には違いがあって、体に出ている症状に合わせて使い分ける必要があります。
解熱鎮痛剤として利用するとき、自分で煎じて飲むことは大変ですから、薬局で市販されている顆粒や細粒のものが飲みやすいでしょう。
気力や体力などがあるかどうかで、中国では飲み分けることが多い漢方薬ですが、日本において薬局から自分で購入して飲む場合にはなかなか選択することが難しいので、薬剤師に確認したりよく説明書きを読んで購入するべきです。
ハーブは料理などにも使われますが漢方薬は効き目のことを考えると食事の影響を受けないなど注意が必要になる生薬もあるので、同じ自然派のものであってもハーブと漢方薬には違いがあります。
特徴を正しく把握して、それぞれ使い分ければすこやかな体づくりのサポートになってくれます。

漢方薬の補剤と瀉剤の違い

成分の作用がゆったり効いて、効果が出るまで時間がかかるイメージを漢方薬に持っている人も多くいらっしゃいますが、実際には即効性があるものと長く飲み続けないと結果が期待できないものとがあるので服用の際に注意すべき点です。
日本ではあまり聞きなれませんが、生薬に補剤や瀉剤と呼ばれるものがあるのはこの違いを表しています。

急性の病気にも力を発揮する漢方薬があるのは、素早く効く性質の生薬があるためで瀉剤がそれに当たります。
短期間の服用に向いていて、体にたまっている悪いものを出すもので、下剤や利尿剤、体から発散させる発表剤の作用があるものが瀉剤です。
3から4時間程度で体に影響してくる成分で長く使い続けるものには向いていないものが多く、服用の仕方には注意が必要です。

一般的な漢方薬のイメージにある、ゆっくり効くのは補剤と言われています。
慢性的な症状に対する治療に向いていて、体質改善を目指して飲み続けたいときにも補剤が向いています。
長く飲み続けないと目に見えた効果が実感できない可能性があって、最低でも2週間以上は服用を続けることが望ましい生薬が補剤です。

古くから陰陽五行に基づく考え方を中国では治療にも用いていて、四診と呼ばれる診断の仕方と合わせて生薬を組み合わせ、補剤か瀉剤などの漢方薬を使ってきました。
日本では薬局で市販されている漢方薬を手軽に購入できるようになりましたが、診断を受けずに用いる場合は使われている生薬が補剤や瀉剤なのか、服用期間や用法などをしっかりと確かめて用いないと体にとって適した作用が得られない可能性があります。

解熱鎮痛剤が必要になったとき、自分の体の症状が急性期であるか回復期にあるのかをよく考えて、漢方薬を選ぶようにすることが大切です。