解熱鎮痛剤の副作用で風邪が悪化?

風邪の男性風邪を引いたなと思った時は、悪化させないためにもまず体を温め、栄養のある物を摂って、早めに休むのが一番の治療方法です。
もちろん、明日仕事があるのに休めないとか、少しでも症状を和らげたいという時には、風邪薬を服用するといいでしょう。
この場合は、必ず用法と用量を守って服用するようにしましょう。
しかし風邪を引くと、熱がかなり上がり、それがつらいということがあります。
これは体温を上げることで、体内のウイルスを退治するのが目的です。
むしろある程度熱が上がらないと、ウイルスを殺せないので風邪の治りも遅くなり、悪化することもあります。
そのため、無理やり熱を下げてしまうのは感心しません。

しかし熱を下げたいという理由で、風邪薬の代わりに解熱鎮痛剤を飲む人もいますし解熱鎮痛剤を服用すると、確かに熱は下がりますが、ウイルスを退治することができなくなります。
ですからウイルスがいつまでも体内にとどまり、その結果治りが遅くなることもあります。
治りが遅くなると、いつまでも風邪を引きずった状態になり、逆に症状が悪化してしまうこともあります。
なかなか治らない、悪化してしまうという事態を避けるためにも、風邪を引いた時は、解熱鎮痛薬ではなく、風邪薬をきちんと服用するようにして、体を休めるようにしましょう。
もちろん、風邪以外の病気で、発熱があるとか頭痛がするといった場合に、解熱鎮痛剤を服用するのは構いません。
最近は、胃にも負担が少ない物がありますので、常備薬として揃えておくといいでしょう。
ただし、飲み過ぎはやはり禁物です。
それはなぜでしょうか。

その理由として、解熱鎮痛剤は副作用を伴うことが多いからです。
具体的にどのような副作用かといますと、内臓関係のトラブルや、皮下出血、発疹やかゆみなどです。
その他にも心不全を起こしたり、ショック症状や、アナフィラキシーといって、皮膚症状や呼吸器症状、血圧の低下などの症状が、一度に現れることもあります。
解熱鎮痛剤の服用のしすぎは、単に風邪の治りを遅くする、あるいは悪化させてしまうだけではなく、こういう副作用をも引き起こすことになります。
ですから、自分だけで判断して、解熱鎮痛剤を服用するのはやめるようにしてください。

鎮痛剤の服用しすぎは聴力を失うリスクが高まる

また解熱鎮痛剤の副作用のひとつとして、聴力を失いかねないというリスクがあります。
一見解熱鎮痛薬と聴力とは、あまり関係がなさそうですが、解熱鎮痛薬に含まれるアスピリンは、難聴を引き起こすことがあるからです。
ですから、服用していて耳に異常を感じた時は、すぐに医師や薬剤師に相談しましょう。

症状としては、次のようなものがあります。
まず相手の声が聞こえづらく、何を言っているのか聞き取れないとか、耳閉感といって、耳がつまったように感じられることがあります。
また場合によっては、ふらつきを感じることもあります。
その他、耳鳴りを感じるようになります。

特に解熱鎮痛剤に含まれるアスピリンは、聴覚をつかさどる蝸牛と呼ばれる部分に障害が起きます。
もちろんそれ以外の原因で、難聴が生じていることもありますので、まず検査をして、解熱鎮痛剤の服用を中止することで、難聴が治まるようになります。
しかし服用をやめない限り、この副作用が続き、聴力を失いかねなくなります。
痛みや発熱がある場合は、ついこの手の薬に頼りたくなりますが、聴力を失うリスクが高くなるので、安易に薬を服用するのは絶対に避けるようにしましょう。
つまるところ、解熱鎮痛剤は風邪薬ではないため、熱を下げる効果はありますが、風邪そのものを治す効果はありません。
熱を早く下げることで、ウイルスを退治できなくなり、治りが遅くなりますし、さらに聴覚を失いかねないというリスクもあるため、素人判断での服用は控えるのが賢明といえます。

また聴力を失う以外のリスクとして、頭痛がひどくなるということもあります。
これを薬物乱用頭痛といって、解熱鎮痛薬を飲み過ぎることにより、体が痛みに敏感になり、さらに頭痛がひどくなってしまうというリスクを伴います。
解熱鎮痛剤は適度の服用ならいいのですが、飲み過ぎは、百害あって一利なしといえます。