解熱鎮痛薬は小児が使用しても問題ない?

子どもが発熱するとどうしても心配になってはやく熱を下げてあげたいと思う親はたくさんいます。
しかし、何故発熱しているのか、発熱した子どもがぐったりしているか等の状況をきちんと把握し、適切な対応をとることが必要です。
結論からいうと小児に解熱鎮痛剤は使用することが可能です。
しかし、種類や量、使用の目安を間違うと症状の悪化だけではなく、命の危険も出てくるので注意しなければなりません。
一般的に発熱は生体防御反応のひとつで、脳炎などのダメージがなければ最高40度から41度までコントロールされるといわれています。
細菌やウイルスの増殖を抑えるだけではなく、それに対する免疫作用を高めることが知られています。
解熱鎮痛剤の本来の使用目的は熱を下げるのではなく、病状の改善が目的とされているため、熱が高くても一般状態が良ければ使用する必要はありません。
使用の目安は熱が38.5度から39.0度以上のときで、鎮痛薬を使用する場合はベビーオイルなどを使って挿入しやすいようにしてあげましょう。
使用量は年齢や体の大きさ(体重)によって異なりますので、きちんと医師の診断を仰いでください。

小児が使用できる比較的安全な解熱鎮痛剤はアセトアミノフェン(カロナール)が代表的です。
日本で認可されている鎮痛薬は多々ありますが、小児に使用できない種類のものもあるので自己判断で服用させるのは大変危険です。
アセトアミノフェン(カロナール)は解熱鎮痛剤のなかで、もっとも安全性の高いものとされています。
鎮痛薬に多く見られる胃粘膜障害や腎障害のリスクが少なく、その構造からアレルギーの可能性もほとんどないといわれています。
安全なように思われるアセトアミノフェン(カロナール)ですが、大量摂取は危険です。
市販の解熱剤にも配合されていることが多いため、重複して服用してしまう可能性があります。
大量に服用すると肝障害を引き起こすことがあるので、市販薬を服用していた小児が病院受診して薬をもらう時は、飲んでいた薬を伝え服用していた市販薬は服用しないようにしましょう。
小児の熱が下がらないことで脳炎等を起こすと思っているかたが多いですが、それは間違いです。
発熱が原因で脳炎を起こしたり、頭に障害が出ることはありません。

妊娠中でも服用できる鎮痛薬とは

妊娠中は発熱しても薬の服用をためらうかたが多いですが、胎児に悪影響を及ぼす場合には解熱鎮痛剤が処方されることがあります。
妊婦が解熱鎮痛剤を使用する場合に心配されるのが、胎児の腎臓に負担がかかり羊水量が減ること、動脈が狭くなって血流が悪くなること、陣痛が順調に進まず難産になることがあげられます。
このリスクは妊娠12週以降高くなりますが、アセトアミノフェン(カロナール)の場合は比較的安全といわれ処方されることが多いです。
妊婦の高熱は流産の可能性が高くなるといわれています。
38.0度以上の高熱が3日以上続く場合には、体力の消耗もあるため病院を受診することが大切です。
発熱が感染症だった場合には胎児にも悪影響を及ぼしてしまいます。
自己判断で前に処方されたアセトアミノフェン(カロナール)を服用して、病状が重症化する場合もあるので注意が必要です。
たとえば、腎盂炎や膀胱炎等の感染症は、妊婦の発症率が高い病気です。
発熱を伴い、感染が進むと早産につながることもあります。
アセトアミノフェン(カロナール)は妊娠後期には動脈刊収縮を起こす可能性があるといわれていますが、医師の判断で有益性が勝れば処方されます。

妊婦が鎮痛剤、鎮痛薬を使用することによる胎児への悪影響はあるのでしょうか。
鎮痛剤の種類を間違えたり、安全といわれる解熱鎮痛剤でも大量に服用したりすると危険です。
小児に服用できない鎮痛剤や鎮痛薬は胎児にも悪影響を与えてしまいます。
妊娠前に服用していた鎮痛剤を妊婦になってからも同じように服用すると早産や胎児の腎障害、羊水過少や胎児の動脈管収縮につながります。
特に妊娠後期に動脈管収縮による動脈管の早期閉鎖が起こってしまうと胎児が死亡してしまい、死産となってしまいます。
妊娠前に服用していた薬を自己判断で飲むこと、医師の判断下以外で手に入れた鎮痛剤を飲むことは妊婦や胎児に悪影響を及ぼすため大変危険です。